天満橋の川面の風を感じながら、明るいプライベート空間で、ゆったりと受けるアロマトリートメント。
忙しい中でも手軽に利用する街中サロンとして「アロマセラピーサロン・とこ」はいかがですか。

「とこ」について

about_main

水と緑に恵まれた街・天満橋。こだわりのあるお店がたくさんあります。
『toko』を訪れた方が、その道中も楽しんでいただきたいという思いで
天満橋を選びました。

お客様に合わせたアロマ(精油)とトリートメント(施術)とハーブで、
本来のバランスを取り戻していただきたいと願っております。


アロマセラピーについて

アロマセラピーは、植物の花や葉、果皮や樹脂などから抽出した
エッセンシャルオイル(精油)を用いて行う「芳香療法」です。

アロマトリートメントについて

精油(エッセンシャルオイル)を植物油に希釈したものを用いて全身またはお疲れの箇所をトリートメント(施術)していきます。植物の香りが嗅覚や脳を刺激することと、優しくリズミカルなタッチングの力で代謝を促すことで、心身のバランスを取り戻したり、美容や健康の維持増進に役立てるものです。

アロマトリートメントを選んだ理由

30代前半に、両親が続いて重篤な病気になりました。
本やネットなどで病気や治療法に関しての情報を収集したり、医師や医療関係者の方に相談をしながら看病をしていました。
その中で、病院で母に足湯をさせてもらったり、マッサージをしたり、ラベンダーのオイルを洗濯したシーツに垂らしたり…。
自己流でしたが、今につながるようなことをしながら看病をしていました。
両親を亡くした後は、ストレスも重なり、私自分心身共にバランスを崩しました。
その時に助けられたのがアロマやハーブや東洋医療でした。その中でもアロマとの出会いにより、心と身体が回復していくのを実感できました。
アロマの理論や実技を学ぶにつれ看病の体験や自分のそれまでの不調が結びつきアロマセラピーで人に役に立つ仕事をしていきたいと思うようになり、
現在に至っています。

 

アロマトリートメントの魅力

私達人間が古代より引き継がれ活用してきた植物療法の歴史は長く深い物です。
その植物療法の中でもアロマセラピーやアロマトリートメントは、痛みや苦痛のない自然療法でありながら植物の香りと作用に人の手の力が加わることで、
優しく穏やかに、また時にはパワフルに「心と体」に働きかけてくれます。
また、天然の植物のみを使用するため安心して継続できるのも魅力のひとつと感じます。

セラピスト

市原徳子

市原徳子(いちはらとくこ)
O型に近いA型・しし座/趣味:コーラス・水泳・空想/家族:息子2人

AEAJ認定アロマセラピーインストラクター/JAMHA認定ハーバルセラピスト

大阪市北区にあるCaRAアロマセラピースクールで、アロマトリートメント、リフレクソロジー、フェイシャルトリートメントを学び卒業。
卒業後は、ホテル内サロンにて勤務する。その後、大阪市のリラクゼーションサロンに移り、マタニティスクールにてマタニティトリートメントを学ぶ。
同サロンでは、2年間、店長職に従事。2013年秋、大阪市中央区・天満橋に「toko」をオープンする。

現在は、サロンtokoの他、豊中市の鍼灸整骨院の患者様へ、介護老人保健施設、デイサービスの利用者様へ、
神奈川県の認知症専門病院にて患者様やご家族の方へのアロマ施術を行っています。
また、講師として、企業様向け、個人様向けのアロマ講座やセラピストの育成などにも携わっています。